IT技術者の転職ランキング

TOP >> ここだけは押さえよう >> 年齢に応じた転職活動をしよう

年齢に応じた転職活動をしよう

年齢に応じた転職活動をするということはとても大切です。例えば、20代であれば未経験でもIT技術者の転職ができる場合がありますが、40代、50代になると未経験では採用してくれない企業も多くなります。これは、若い世代であれば、研修をして育成することができますが、年代が上になるにつれてそのような育成が難しくなると企業側が考えるからです。さらに若い間は給与が安くても当然といったこともありますが、40代、50代になって前職で管理職などの役職に就いていた場合、当然転職先でも役職を望む人もいるでしょう。そうすると同時に給与も必然的に高くしなくてはいけないので、人件費がかさむというのが企業側では痛手になるため、採用を見合わせるという場合も多々あります。

どの年代でも言えますが、その年齢に応じた転職活動をするというのは、転職活動をしている人でも意外と見落としがちになっています。例えば、20代歓迎と求人票に書かれているところに40代の人が応募しても採用されることが難しくなるでしょう。さらに経験豊富な40代を募集しているところに未経験の20代が応募したとしても、これも採用される確率は下がります。企業側が求めている年代のところに応募することが採用されやすい条件の一つになるでしょう。

どのような年代でも転職活動をする際に利用してもらいたいのが、IT業界に特化している転職エージェントです。ワークポートやレバレジーズテック、マイナビエージェント×ITの3社が特に人気もあり使い勝手も良いのでおすすめです。これらに同時に登録をして利用していきましょう。自分一人の力で自分の年齢に合った求人を探すのは、なかなか労力のいることです。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが自分の年齢に適している求人を自動的に紹介してくれるので、探す手間が要らないのが嬉しいポイントです。

転職活動をする際には、企業が求めている人材がどういったものなのか、きちんと確認しておくことが大切です。そのような企業が求める理想像に自分が当てはまるかどうか、年齢も確認しながらチェックしておくようにしましょう。そこですれ違いが起こると、両者にとっても時間の無駄になり、ミスマッチも起こりがちなので、企業のことをよく知っておくということはとても重要なことです。すぐにまた転職しないようにするためには、求人票には載っていない企業の内情を知っておくことも必要です。転職エージェントのキャリアコンサルタントはそのようなことにも詳しくなっているので、様々なことを聞くようにすると転職活動も成功しやすくなるでしょう。

>>IT技術者の転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013 IT技術者の転職ランキング All Rights Reserved.